ミジンコ奮闘記(AWSとLinuxがメインかな・・)

初心者が初心者による初心者の為のAWSとかLinuxとかの導入記(奮闘記?) !( ゜д゜ )

【DSaaS】MFAに対応しました!【導入手順】

こんばんわ、こんにちわ。ミジンコこと芋です。

 

今回は、Trend Micro Deep Security as a Service(以下、DSaaS)のMFAの紹介。

 

どうやら、2015/07/26のメンテナンス以降にMFAに対応した様子でしたので

早速、男は度胸なんでもためしてみるものさ!という某ツナギおじさん精神にのっとってやってみました!

 

【必要なもの】

Authyなどの2段階認用のツール

 

【MFA導入手順】

1:DSAのログイン画面を開きログインしましょう。

  早速、ログインのチェックボックスにMFAって出てますね(*゚∀゚)=3

 

f:id:inamo:20150730035941p:plain

 

2:ログイン後、右上部にある①ユーザ名をクリック⇒②ユーザプロパティをクリック。

 

f:id:inamo:20150730040313p:plain

 

3:赤枠のManage MFAをクリック。

 

f:id:inamo:20150730040346p:plain

 

 

4:ポップアップがでるので「次へ」をクリック。

f:id:inamo:20150730040903p:plain

 

 

5:Authy等のアプリでQRコード読み込みましょう。(今回はAuthyベースで説明します)

 Authy等のアプリを導入してない方は、別記事で方法を書きます。

 なので、今回はチェックボックスにはチェック入れず「次へ」をクリック。

f:id:inamo:20150730041348p:plain

 

6:コードの入力を求められるので、Authyに表示されたコードを

「Authentication Code1」に入力!

 次回のタイミングで新しく発行されたコードを

「Authentication Code2」に入力して「次へ」をクリック。

 

f:id:inamo:20150730041538p:plain

 

7:下記画像のようにsuccessと出れば登録完了!

 

f:id:inamo:20150730041915p:plain

 

8:ログアウトして本当にログインできる試しましょう!

f:id:inamo:20150730042014p:plain

 

 

以上、DSaaSにおけるMFAの導入手順でしたっ!

 

次回は、Authyなどのアプリを使わない場合の手順の紹介。